カリモク家具高松ショールーム「domani」スペースで、瀬戸内で活躍する若手アーティスト作品の展示販売『ART for YOU』を開始。10月17日(土)~

株式会社瀬戸内アートコレクティブは、香川県高松市松縄町1113−5 カリモク家具高松ショールーム2階「domani」スペースで、2020年10月17日(土)〜 家具と現代アートのコラボレーション企画『ART for YOU』を開始いたします。

私たちはアートがより身近なものとして生活の中へ浸透し、アーティストと生活者の間でのコミュニケーションが促進されることを期待しています。今回展示する作品をご購入いただいた方には、アーティストが参加するイベントや当団体が主催する各種アートプログラムへご招待させて頂きます。

定額制プランのご紹介

アート作品はアーティストの手作業によって制作されたもので、特別で価値のあるものとなっています。私たちはこうした作品を家の中やオフィスに飾っていただく体験の入り口となる、保険付きの定額制プランもご用意しています。
 

オリジナルアートを提案する理由

あなたが新居を購入し内装をまったく新しく組み立てようとしているのか、または単にこれまでの雰囲気をリフレッシュしようとしているかどうかにかかわらず、部屋の個性を際立たせる最良の方法の1つは、空間をアートで彩ることです。

インテリアショップ・小売店でも様々な装飾品を販売しており、いくつかのアイテムを簡単に手に入れることができますが、オリジナルのアート作品とこれらのアイテムとの違いはなんでしょうか?

  • 優れた品質

作品をじっくりと見つめてください。オリジナルのアート作品は手作業で制作され、すべての色が特別に選択され、美しく質感のある繊細な方法で絵の具が重ねられています。大量生産された複製物は、より安価な素材を使用して作成されているため、元の美術よりもはるかに平面的な印象を与えます。
オリジナルのファインアートはアーティストによって手作りされており、より細かく、より慎重に作られています。

  • 独創的な物語

ユニークなアート作品は空間をあなた独自のものに作り変えます。アーティストが作品に込めたオリジナリティのある物語は、あなたの生活空間に豊かさと個性の感覚を呼び起こします。
また、アートを購入することはしばしば冒険に例えられます。アーティストと出会い、アートワークの背後にある彼らの話を聞き、その背後にある感情を知ります。これらの物語は部屋に招かれたゲストを感動させるだけでなく、あなたとあなたが購入するアート作品との間のより深い個人的なつながりを築くのにも役立ちます。

  • 希少性

あなた自身がそうであるように、このアート作品は唯一のものです。非常に特別で価値のあるものになっています。何千人もの人々が同じアートワークを所有している場合、それはもはやユニークではありません。あなただけのものを所有する特別な体験を得ることができます。

  • 思考と対話の促進

優れたアート作品は、大人にも子供にも等しく思考を促します。作品に描かれたテーマについて考え、誰との間でもお互いの意見を述べ合う価値のある対話を始めることができます。

  • 未来への投資

今を生きるアーティストからオリジナル作品を購入した瞬間、あなたは彼/彼女にもっと創造したいという希望を与えます。アーティストが創造的なプロセスを継続できるようにすることで、私たちが暮らす社会全体の質が向上し続けます。

アーティストプロフィール

有田大貴(Arita Taiki)広島県広島市出身。
2011年 米国アラバマ州立ジャクソンビル大学芸術学部グラフィックデザイン学科卒業(BFA)

国内外から故郷の広島へ届けられる千羽鶴やその焼却灰を使用した絵画やインスタレーションなどを制作し、国内外で発表している。作品を通して、広島の記憶を未来へ伝え、平和のシンボルと なった折り鶴(千羽鶴)に「生と死」や「破壊と再生」などの解釈を加え、制作を試みている。
Web: https://www.setocole.com/taiki-arita

土井紀子(Doi Kiko) 山口県生まれ
2020年 広島市立大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻絵画研究分野博士前期課程 在学中

絵具とパネル/キャンバスというすでに美しく完成されている物質を用いて、見えないもの、しかし、それは見えてない/見過ごしているだけかもしれないが、そういったものをひたすらに画面の上で、手探りで追っている。

​Web: https://www.setocole.com/kiko-doi

木村 翔太 (Kimura Shota) 広島市生まれ
2019 広島市立大学芸術学研究科造形芸術専攻 彫刻研究 修了

広島を拠点とし、彫刻・平面作品を手掛ける。作品を通して生活のなかに美術を溶けこませていく。今回は「呼吸」をテーマに制作。大変な時勢の中ではあるが息抜きができるような作品を表現する。
Web: https://www.setocole.com/shota-kimura

高松 明日香 (Takamatsu Asuka) 香川県生まれ
2009年 尾道市立大学 大学院美術研究科美術専攻 修了
2011年~2017年倉敷芸術科学大学芸術学部 非常勤講師

映画やインターネットの画像から図を引用して絵画を制作している。その絵画を組み合わせて生まれる物語を重要としている。作品を通して描かれたものの奥にある時間や記憶を感じ、その経験を現実の世界でも感じてほしいと願っている。

Web: https://www.setocole.com/asuka-takamatsu

 

©SETOUCHI ART COLLECTIVE all right reserved.