top of page
crossing2024-banner.webp

CROSSING 2024 Green
​Special Report

Crossing 2024 Green 開催レポート

2024年の初春、香川県高松市にある活気あふれる「丸亀町グリーン」ショッピングモールが、アートと文化の交差点に変わりました。1月14日から28日にかけて開催された「SETOUCHI ART COLLECTIVE CROSSING 2024」は、"アートがもっと身近に"というテーマのもと、日常生活に織り込まれたアートの体験を提供し、地域のアートシーンに新たな息吹をもたらしました。
 
この特別なイベントでは、瀬戸内海で活躍する12名の才能豊かなアーティストたちが、彼らの情熱と創造力を映し出す作品群を展示・販売。昨年の盛況を受けて、今年は昨年1階の会場に加え、さらに広々とした2階フロアを使い、アートと日常が調和する空間を創出しました。会期中はのべ2000人の来場者が訪れ、ショッピングの合間に、予期せぬ美の世界に触れ、心を動かされました。

イベント初日は、アーティストたちが自ら作品に込めた情熱や背景を語る、心温まるアートツアーで幕を開けました。この特別な日には、地域の事業者、メディア関係者、広告代理店の皆さんが集い、創造の背後にある物語に耳を傾けました。

一般公開が始まった15日からは、地元住民や学生、家族連れなど、多様な来場者がアート作品との対話を楽しみました。週末にはアーティストやスタッフによるガイドツアーが開催され、来場者は作品の解説に魅了されていました。

アート作品の販売も好調で、作品をご購入いただいた方は県内の方はもちろん、出張で訪れていた県外の方もいらっしゃいました。お家に飾る方、事業所に飾られる方など様々ですが、みなさまアートによって豊かになる心を実感し、お買い物を楽しんでおられました。

さらに、ポストカード、クリアファイル、トートバッグ、ピンバッジ、ハンカチなどのオリジナルグッズの配布も大好評を博しました。

takamatsu_p.jpg

高松 明日香 (たかまつ・あすか)
画家

1984年香川県生まれ。主な展覧会に2021年「シェル美術賞アーティスト・セレクション2021」(国立新美術館・東京)、2019年「香川県文化芸術新人賞 高松明日香展 クラウディア」(香川県文化会館)がある。2016年四国こどもとおとなの医療センター(香川)にて検査科待合室の壁画を制作。2014年岡山県新進美術家育成「I氏賞」大賞受賞。様々な場所から引用されたシーンを、独自のトリミングと筆触を使って、絵画にしている。

高松明日香の作品群は、青色を基調に、映画などの架空のワンシーンを作品に落とし込んでいます。今回は大型の作品からドローイングの小作品まで幅広く展示。元々ファンだった方はもちろん、フラッと訪れた方からも大変好評でした。高松明日香ワールドを前面に出した展示となりました。

nagano.jpg

長野由美 (ながのゆみ)

1968年香川生まれ インスタレーション・造形を中心に活動。近年花をモチーフにイラストを再始動させ昨年から発表してる。2010年瀬戸内国際芸術祭2010オンバファクトリー(香川)2013年瀬戸内国際芸術祭2013夏(香川)2015年塩江アートプロジェクトEgg in WONDERLAND(香川)2017年CROSS POINT交差する視線20の表現(香川)など。

元々インスタレーションや造形を中心に活動していた長野は、近年平面作品にも取り組んでいます。今回は頭部がお花になった女の子のシリーズと、小作品「ふらわぁシリーズ」を展示しました。和紙にカラーの筆ペンで描かれた作品群は多くのお客様の目を惹き、「可愛い!」と声をあげる方も多数いらっしゃいました。細部までこだわりの詰まった作風には説得力があります。

kuramoto.jpg

藏本 秀彦 (くらもと ひでひこ)

1989筑波大学大学院芸術研究科修了。
2016「藏本利彦+藏本秀彦 絵画展~思考の断面、記憶の輪郭」/坂出市民美術館(坂出)、2017「CROSS POINT 交差する視線―20の表現」/香川県立ミュージアム(高松)、2018「高松市美術館コレクション+木村忠太とこぼれる光の中で/高松市美術館(高松)、2021「国讃めと屍」藏本秀彦・水谷一 美術展/瀬戸内海歴史民俗資料館(高松)、2022「せとうちの大気-美術の視点」(瀬戸内国際芸術祭参加展覧会) /香川県立ミュージアム(高松)など美術館での企画展に参加。コバヤシ画廊、ギャラリー山口などで個展を重ね、県内では丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、あーとらんどギャラリー、佐野画廊、gallery ARTE 、Kinco.hostel+café、などで個展開催。